税務調査対応・セカンドオピニオン

税務調査対応・セカンドオピニオン

すべての調査対応を迅速に行い、不安を取り除きます。

国税局や税務署の税務調査をうけることになった場合、当局はどこを狙っているのか、何を調べに来るのか、調
査開始後には、当局に指摘されている事項はどうにもならないのかなど、調査を受ける側はあれこれ考えてしま
うものです。しかしこのような悩みを抱えるだけでは解決につながりません。むしろ適切な調査対応を行うこと
が解決への近道となります。そもそも、税務調査は、申告内容が事実と相違ないかを調査官が確認に来るものと
言えます。そのため、明らかな申告誤りは別として、調査官が事実をどう捉えるかによって指摘内容が左右され
ることがあります。つまり、調査に立ち会う税理士が調査官に事実をいかに正確に説明するか、税法等の規定に
反していないという点を立証するかが重要であり、その巧拙によって調査の結果が変わる可能性があるというこ
とです。当事務所では、事実に沿った適切な調査対応を行い、依頼者にとって最善を尽くすよう努めております。
☆        ☆        ☆
(当事務所では、脱税行為のサポートや脱税を期待する方のサポートはお断りしておりますのでご了承願います。)

税務調査立ち合い・セカンドオピニオン

(対応地域:京都市内、京都府下全域、大阪市内、大阪府北部)
 税務調査で多額の納税が必要となりそうな場合や、国税当局の指摘の内容が理解・納得できない場合、事実と違う内容で指摘を受けそうな場合などに、調査立会いまたはセカンドオピニオンの提供を行います。調査途中の場合、刻々と調査が進行していきますので、まずは連絡を下さい。早急に対応いたします。(調査途中からの立会いも可能です。)
 今の顧問税理士とは昔からの付き合いで関係も良好でこのまま契約を継続したいが、他の税理士の意見を聞いてみたいという場合にも秘密厳守で対応いたします。また、無申告による調査の場合や、顧問税理士から十分なサポートを受けていない場合などにも対応します。 
 
次のような悩みはありませんか?
 
  (1) 税務署から税務調査の連絡が入ったが、顧問税理士がいないので、どうしたらいいか分からない。
  (2) 税務署ではなく国税局が税務調査にきた。
  (3) 税務調査が入り、指摘内容に納得できないまま、多額の追徴税額を求められそう。
  (4) 当初2日で終わる予定だった税務調査が、3週間たっても終わりそうにない。
  (5) 無申告で税務調査を受けることになった。
  (6) 税務調査で指摘されている内容が理解できない。
  (7) 税務調査で顧問税理士が税務署の言いなりになってしまっている。きちんと意見を言って欲しい。
  (8) 税務調査が終了しそうであるが、セカンドオピニオンを聞きたい。
  (9) 税務調査がとにかく不安だ。

 当事務所による税務調査のサポートを必要とされている方は、まずは連絡を。

PAGE TOP